«      まちくらげ | トップページ |      天秤 »

2012/02/15

     ふたつ


土手で、ちいさなちいさな春を見つけました。

 気づかないと踏みつけてしまいそう・・・。

 よく見ると、群生していて

 遠くからは見えない 近づかないとわからない

 ちいさなちいさな春でした。



コテツはというと・・・・、

 春を掘り出しているようです(-_-;)。



国府台の緑地。

 去年の台風で倒れた木が、まだそのまま残っています。

 他の木も傾いているのが多く見られます。

 ニセアカシアの木で、根が浅く倒れやすいそうです。

 そんな木を横に青々と葉を広げているのはトウネズミモチ。

 この緑地では今後、勝手に増えてしまったこの2種類を減らして

 コナラ主体の雑木林に戻していくようです。



倒れた木の上には、ぽっかりと丸い青い空がありました。

 切り刻んで 片付けてしまったり

 他の木を はめるように植えないほうがいいですね。



森は心のようで、 心は森のようで・・・。

僕らはその森の中で、根を張り 枝を広げ 年を重ね 実を落とす。

心は体の外側にあるものなのかもしれない。



梅の蕾 小さくとも赤く

2歳になりました。 中身は相変わらずですが・・・(^_^;) 

«      まちくらげ | トップページ |      天秤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:      ふたつ:

«      まちくらげ | トップページ |      天秤 »